目の下にあるたるみやほうれい線は美容外科で|たるみ許さん

美容

除去していくには

皮膚を切開しない方法で

美容

目元の小じわは、目の下の皮膚のたるみが原因となってできますし、たるみが多くなると、まぶたごと下方向に引っ張られることになります。すると、まぶたで覆われる分、目の開きが悪くなりますし、二重の部分やまつ毛の長さも目立ちにくくなります。美容面において大きなマイナスとなるため、美容外科では目の下のたるみを改善するための治療をおこなっています。 従来は、目の下の皮膚を切開し、たるみの原因となっている皮膚を切り取るという方法でおこなわれていました。しかし傷跡が残ったり、腫れが長く続いたりするというデメリットがあるため、現在では肌表面を切開しない方法でおこなわれるようになっています。具体的には、たるみを作っている脂肪を、炭酸ガスレーザーで蒸散させるという方法です。

具体的な効果とダウンタイムの短さ

炭酸ガスレーザーには、皮膚を削ったり穴を開けたりといった、物理的な影響を体に与えるという特徴があります。そのためこれを下まぶたの裏側から照射すれば、そこに穴が開けられ、詰まっている脂肪が蒸散されることになるのです。脂肪が除去されれば、その重みで目の下がたるんでしまうことが防がれるようになります。穴はごく小さなものですし、下まぶたの裏側ですから、表面からは傷跡が見えることはありません。ダウンタイムも短く、腫れがすぐにおさまるため、その分洗顔やメイクなども早くおこなうことができるようになります。 さらに美容外科では、目の下の皮膚を収縮させるためのサーマクールやコラーゲン注射などもおこなわれています。これらによって皮膚自体のたるみが除去されれば、小じわも目立たなくなっていきます。